木曜日, 1月 18, 2018

冬空

今年の桜開花予想が発表され、春の足音が近づいてきたような、ほんわか温かい気持ちになりました😊
ちなみに東京の開花時期は、3月22日頃。しだいに桜前線が北上して、北海道は4月下旬頃に開花する予想です🎵

三寒四温とまではいかないですが、ここ数日、最高気温がプラスで暖かい日が続いております。昨年の12月の寒気は、いずこへ?このまま春の到来?
まだまだ、冬本番、週末には再び寒気が戻ってくる予報です❄️



【冬空の水より深き朝かな】- 青木月斗 -


【ゆきふるといひしばかりの人しづか】- 室生犀星 -


「雪が降っているのかしら?」



ありがとう😊
感謝🌸

火曜日, 1月 09, 2018

睦月

かくて明けゆく空の気色、昨日に変りたりとは見えねど、ひきかへめづらしき心地ぞする。



遅ればせながら
あけましておめでとうございます

新年のご挨拶が遅くなり失礼いたしましたm(_ _)m


2018年、平成30年、戌年、1月-睦月
新しい年が明け
寒に入り、寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?
さすがに気温が氷点下10度を下回ると寒いですね。

氷点下が続いていましたが、今日はうって変わってプラスの気温、とても過ごしやすい1日でした。
最近は、凍れた窓の結晶(いろいろな形)を見て楽しんでいます。徐々に部屋が暖まり結晶が溶けていく様子も楽しいです。
また、キーンと冷えた外を歩き、今朝は冷えたなぁ。と凍てつくような寒さを感じながらも気持ちはポカポカ、足どり軽くなんだか妙にスキップしたくなり幸せな気持ちになったりもします。



縁起の良い初夢は見ましたか?

『一富士二鷹三茄子』
茄子は事を成すのだとか…
残念ながらまだ一度も、富士山、鷹、茄子の初夢は見たことがないです。ちなみに初夢は…
公園のベンチに寝そべり、星空を眺める夢でした。背もたれのない木製のベンチ、友人3人と仰向けに寝そべり、星空を眺める。ところどころ薄い雲がかかっていて、雲の合間から星が見えていました。やがて、空が晴れ濃紺の空に満天の星が夜空いっぱいにキラキラ輝き、流れ星がひとつまたひとつと流れてとても綺麗でした。


話は変わりますが、1月7日の朝
七草粥をおいしく頂きました😋
(熊本県PRマスコットキャラクター『くまモン』の絵がはいった春の七草セット。)

『春の七草』
すずな、なずな、すずしろ、はこべら、ほとけのざ、ごぎょう、せり、

なかなか覚えれずにいましたが、やっと覚えました😊



笑顔で過ごせますように…🍀

ありがとう😊
感謝🌸

金曜日, 12月 29, 2017

年の名残も心ぼそけれ

師走、煤払い、門松、千両、万両、南天、葉牡丹、松竹梅、歳神様、年賀状、年の暮れ、年の瀬、ゆく年くる年、大晦日、年越しそば、除夜の鐘、初日の出、初詣、おみくじ、初夢…


今年も気がつけば、年の瀬。
平成29年から平成30年、酉から戌へとバトンタッチ。


ここらでちょっと一息、
今年を振り返る…


春から始めたブログですが、季節はすっかり冬。
今年は、人との出会いや別れ、知り合った方々の涙・笑顔・愛情・優しさに包まれました。また、不安・孤独・苦しみ・苦悩・哀しみ…も感じた一年でした。

人の優しさ、温もり、笑顔にとても励まされ、
自分も人には優しく、笑顔で接したいという気持ちになりました。

自分の気持ちが変化すると、今まで見てきたもの全てが違って見えた。今まで気に留めもしなかった景色、風景
なにもかもが色づき綺麗に見える。まるで初めて見るような感じがして
気持ちが高揚し、ドキドキ、ワクワクした。

人はなんのために人間として生まれ、なんのために生きるのか?
いろいろなことに意味があり、とても大切なことだと気がついた。
自分がいつ死んでもいいように生きていこうと思った。
来年も変わらず、自分らしく感じたことを素直に伝えていけたら幸せです。


いつも、暖かく見守って頂きまして誠にありがとうございますm(_ _)m
心より感謝🌸


来年もたくさんの幸せ、たくさんの笑顔で過ごせますようにお祈り致しております。
良いお年をお迎えください😊


これからますます寒くなりますので、くれぐれもご自愛ください。


ありがとう😊
感謝☃️

日曜日, 12月 24, 2017

聖夜

【硝子戸に 小さき手の跡 クリスマス】- 大倉恵子 -



今夜は、サンタクロースがトナカイの引く橇に乗ってプレゼントを抱えてやって来る。
窓の外を見ながら、ドキドキしながら待ちわびる。

枕元に、サンタクロースに宛てた手紙と色画用紙で作った大きな靴下をぶら下げる。
準備完了‼︎


もうすぐ鈴の音、雪を蹴るトナカイの足音、雪の上を滑る橇の音、サンタクロースの笑い声が聴こえてきそう…



メリークリスマス‼︎🎄✨



ありがとう😊
感謝🌸

土曜日, 12月 23, 2017

虚空

『日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也』



 冬至、三至、冬至南瓜、冬至餅、一陽来復 




【月あらむ 櫺子明かりを 柚子風呂に】- 臼田亞浪 -



 【山国の 虚空日わたる 冬至かな】- 蛇笏 -




昨日は、『冬至』

柚子湯に入り、柚子の香りを楽しみました☺️
身体も心も温まり、幸せなひと時を過ごせました。



笑顔で過ごせますように…🎅🎁🎄


ありがとう😊
感謝☃️

水曜日, 12月 13, 2017

思ひをり

【熊蟄穴】- くまあなにこもる
七十二候のひとつ。二十四節気の『大雪』の次候、
熊が冬眠のために穴に隠れる。


熊は雪が積もる頃から、雪解けの頃まで、木の穴や洞窟で冬眠に入ります。しかし完全な冬眠ではなく、蓄積した脂肪分などの栄養を費やしつつ寝て過ごします。メスはこの時期に子供を産んで育てます。




俳句 季語『熊穴に入(い)る』



【熊穴に 入るや孤独の 風の音】- 中谷真風 -


【熊穴に 入るをためらひ 山日和】- 西村浩風 -


【熊穴へ 木肌に残る 爪の跡】- 葉良一 -


【穴に入る 熊になりたく 思ひをり】- 高木晴子 -





【春待てず 穴から子熊 顔をだす】

【流れ星 願いをいえず 消えていく】



ありがとう😊
感謝(ᵔᴥᵔ)


綺麗な星空が見えますように…
暖かくしてお過ごしください☆

月曜日, 12月 11, 2017

冴ゆる

夕日が沈み夜の帳が下りる。やがて、空から雪がふわりふわり舞いおちる。落ちてくる雪をいつまでもいつまでも眺める。雪はどんな味がするの?と、口を大きく開き空を見上げ雪を待ちわびる。


しんしんと降る雪、ふわりふわり舞いおちる雪、もくもくと降る雪、はらりはらりと降る雪、降ってくる雪をいつまでもいつまでも眺めているのが好きです。

雪に音が吸収され、よりいっそう静寂さを際立たせている。ピーンと張りつめた空気、真っ暗な空から真っ白な雪がふわりふわり舞いおちる…。
なんとも云えぬ美しさ。
冴ゆる月、冴ゆる星、
厳しい寒さの中にも、美しい景色を見ることができる冬。寒いからこそ空気がよりいっそう澄んで、空の色がはっきりと鮮やかに見えるのでしょうか?




朝起きて、うっすらと積もった雪の上に可愛らしい猫の足跡が残っていました☺︎



【初雪や 猫の足跡 梅の花】- 作者不明 -


【雪の朝 二の字二の字の下駄の跡】- 田捨女 -


【花となり雫となるやけさの雪】- 千代女 -


【うつくしき日和となりぬ雪のうへ】- 太祇 -





【雪のあさ 猫の足跡 追ってみた】

【真っ白な 雪の綿あめ 食べてみる】

【雪あつめ いちごシロップ かきごおり】


ありがとう😊
感謝🌸

木曜日, 12月 07, 2017

ふわりかな

『雪いよいよ降り重ねる折からなれば也』


暦の上では、【大雪】- 雪が激しく降り始めるころ。

七十二候のひとつ。二十四節気、【大雪】- たいせつ
初候、
【閉寒成冬】- そらさむくふゆとなる
意味 - 天地の気が寒がって冬となる。

季節は、『仲冬』






【うまさうな 雪がふうはり ふわりかな】- 小林一茶 -

【しんしんと 寒さがたのし 歩みゆく】- 星野立子 -





【雪景色 夜道を照らす 月あかり】



ありがとう😊
感謝❄️