土曜日, 8月 12, 2017

君が代

紀元前660年、【神日本磐余彦命(かむやまといわれびこのみこと)】という人物が大和の地に国をつくったのが、日本国の始まりとされています。
この人物こそが最初の天皇であり、後に【神武天皇】と呼ばれることになります。

神武天皇が国をつくったことは、正史である「日本書記」に書かれています。建国から現在まで、天皇は例外なく神武天皇の子孫によって受け継がれています。
「大和王朝」は、後に「日本」と呼ばれるようになりました。一度も途切れることなく同じ国が現在まで続いています。

2700年、125代の天皇の歴史は、世界に類を見ないものであり、こうした事実は日本人として誇るべきことだと思います。





【君が代】は、日本国の国歌。

平和を願う歌、『古今和歌集』の短歌のひとつです。



1880年(明治13年)、法律では定められなかったが、日本の国歌として【君が代】が採用されました。この国歌のテーマは皇統の永続性とし、歌詞は10世紀に編纂された『古今和歌集』に収録されている短歌のひとつです。


1999年(平成11年)、8月12日に「国旗及び国歌に関する法律」で正式に日本の国歌として法制化されました。





【君が代】歌詞

君が代は    千代に八千代に
さざれ石の いわおとなりて
こけのむすまで




修身の教科書には、「君が代の歌は、天皇陛下のお治めになる御代は千年も万年もつづいてお栄えになるように、という意味で、国民が心からお祝い申し上げる歌であります。」と記されています。



小学校から歌っていた「君が代」、歌詞の意味も知らずに義務的に歌っていました。なぜ、今まで、「君が代」の意味を調べなかったんだろう…?
意味を知った今、「君が代」が大切なものになりました。一度も途切れることなく続いている日本、大切なものは永遠に変わらないでいてほしいと切に願います。


それではこの辺で、
素敵な週末をおすごしください🎵

火曜日, 8月 08, 2017

プチプチ

今朝の天気はくもり空、しろがね色に白みがかった水色の空です。
風がちょっぴり強く吹いてます。

飛ばされないように踏ん張ります!

月曜日, 8月 07, 2017

涼風至-すづかぜいたる

今朝は空が澄みきっていて、日の出がとても綺麗でした。刻一刻と表情が変わっていく色とりどりの空、とても神秘的でした。

土曜日, 8月 05, 2017

語呂-ごろゴロ

8月4日は、8(は)と4(し)の語呂合わせで「箸の日」、「橋の日」、「吊り橋の日」の記念日です。

ついでにあやかって、「石橋を叩いて渡る」記念日も作っていいのでは…?


「石橋を叩いて渡れ」「石の橋も叩いて渡れ」慎重すぎる人や臆病すぎる人に対して皮肉をこめて使う場合もあります。

さらにこのことわざを転化させて、用心に用心を重ねたのに、結局実行しない「石橋を叩いても渡らない」や、用心深くなりすぎた為に失敗する「石橋を叩いて壊す」などの表現もあります。



【石橋を叩いて渡る】とは、用心のうえにさらに用心を重ねて物事を行うこと。




石橋を叩かないで突っ走るのも、ありだよね、、、、?